SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

脇汗のお悩み解消!

現在は誰でも汗で悩む時代です。
脇汗の仕組み、脇汗の原因を理解して、
自分にあった脇汗対策をして、汗で悩まない日々を送りましょう。
<< 一時的にだけど脇汗を抑える方法 | main | わき汗の黄ばみ(原因) >>
食事で多汗症対策
【食事で多汗症対策】

刺激の強い食事、香辛料が強い食事、辛い食事、熱い食事などは汗をかきやすく、これらを常に摂取していると、多汗症になる可能性が高くなりかねません。

香辛料や刺激の強い食事には汗腺を刺激する作用があります。また刺激の強い食事には、肉類や脂っこい食事がつきもの。これらも多汗症及び臭いに関係してきます。
肉類や脂っこい食べもの、糖分には、身体を酸性にする作用があります。身体が酸性になると、汗や身体の臭いが強くなることがあります。

まず多汗症対策として簡単にできることとして、刺激の強いもの、辛いもの、脂っこい食べ物をなるべく摂り過ぎないようにすることです。

逆に発刊を抑制する食べ物としては豆類が効果的だと言われています。

女性ホルモンには発汗を抑制する作用、つまり汗をかいてもサラサラにしてくれる作用があります。主に大豆や納豆や豆腐などの豆類に含まれているイソフラボンという成分には、女性ホルモンによく似た成分が含まれているとされています。なので豆類を積極的に摂取するようにすれば、食事面からの多汗症対策になります。


食事もただ抑制するばかりではなく、ビタミンAやEが多く含まれている食べ物を摂取することで臭いを抑制する効果がありますから、これをを積極的に摂るように心がけましょう。

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうという先入観がありますが、そんなふうに思い込むのも発汗を促すことになります。そして、それはストレスや緊張につながりやすくなります。そのような発汗の状態を精神性発汗と呼んでいます。

食事をとるときは、あまり汗のことを気にかけず、楽しく食事することが、結果的には必要以上に汗をかかない体質に導きます。


| 食事で多汗症対策 | 21:13 | comments(0) | - |