SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

脇汗のお悩み解消!

現在は誰でも汗で悩む時代です。
脇汗の仕組み、脇汗の原因を理解して、
自分にあった脇汗対策をして、汗で悩まない日々を送りましょう。
ストレス・不安・緊張による脇汗
脇汗の原因には、ストレス・不安・緊張など、精神的な部分が関与していると考えられています。そのため、対策としてはストレスを溜めないようにリラックスすることが何より大切なことです。

ストレス・不安・緊張など精神的な問題が原因で汗をかくことを精神性発汗と言います。人はストレスを感じると、自律神経のバランスを崩してしまい、交感神経の方が優位になってしまいます。その結果、発汗作用が促されてしまうのです。

心身ともに正常を保っている状態では交感神経と副交感神経はバランスを保っています。しかし、ストレスなどで自律神経に影響があるとバランスを崩してしまいます。交感神経に偏った場合には、ホルモンや分泌物の促進作用が機能し、副交感神経に偏った場合には、それらが抑制される作用が機能します。

身体と心を正常な状態に保つには、自律神経を整える必要があるわけです。
自律神経を整えるためには、リラックスできる生活環境を整えることが大切です。



脇汗をかいてしまうと、焦ってしまい却って汗が止まらなくなることが多々あります。自律神経というのは自分ではなかなかコントロールできないものです。汗をかいてはいけない、汗をかきたくないと思えば思うほど、そのことでのストレスや緊張によって、余計に汗をかいてしまうという皮肉な結果になります。

こんなときは、汗をかいてしまったけど仕方ないと開き直ってしまうことが効果的です。気持ちの切り替えは、なかなか難しくはそこまで開き直りきれませんが、しばらくその気で続けていれば習慣的にそちらに傾くことが多かったりするもののです。

精神性発汗は、気にしすぎや考えすぎが原因で起こることが多い症状です。
性格的なものだからなかなか直すことは難しいと考えるのは先入観に過ぎません。
少しずつ心の習慣を変えていくのは不可能なことではありません。

それでも切り替えが難しいのであれば心療内科などに相談してみるという方法もあります。
とにかく何も方法がないわけではないのです。

リラックスできる状態をつくってみましょう。
| ストレスとわき汗 | 00:16 | comments(0) | - |
自律神経とわき汗
脇汗は自律神経と深い関係があるといわれています。

緊張や大きなストレスなどを感じると交感神経が優位になります。この状況が脇汗をかきやすくする要因となってしまうのです。

人前で話さなければならない時、初対面の人と話さなければならない時など、緊張する場面を終えて気づいたら脇汗がびっしょりという経験はありませんか?
さらに、脇汗をかいたらどうしようという不安感もまた、脇汗を増やす要因となってしまいます。脇汗は緊張やストレスに弱い人に多いという傾向があるのです。

このように緊張しやすい方、メンタル面が弱い方は、脇汗が目立たないような素材の衣類や、汗を吸収、放出しやすいインナーを着用したり、強力な制汗剤を常備しておくなどして不安感を緩和する対策をしておくのがよいでしょう。


それでも、いくら対策をしても一向に脇汗の量が減らないという場合は自律神経のバランスが大きく崩れているのかもしれません。

原因のわかっている大きなストレスがあるような場合には、早急にストレスを取り除くようにすべきです。




汗の大切な役割の一つである体温の調節以外にも、そういった緊張やストレス、興奮、不安など感じたときに人は汗をかきます。
 
精神性の発汗には、自律神経のなかの交感神経が関係しています。
交感神経の反応が敏感になると、汗腺の働きが活発になり脇汗もたくさんかいてしまうんですね。ですから、ものすごく緊張する場面や強いストレスを感じたときに脇汗をかくことは誰もが経験する当たり前のことなのです。
 
でも、その脇汗の量が尋常ではないといった場合は
自律神経の働きが少しおかしくなっているのかもしれません。

| ストレスとわき汗 | 17:53 | comments(0) | - |
ストレスとわき汗
脇汗の原因としてストレスを多く受ける人は脇汗をかきやすいといわれます。
脇汗は極度の緊張やストレスなど精神的な要因に大きく影響を受けます。

過度のストレスが男性ホルモンや副腎皮質ホルモンやアドレナリンを大量に放出し皮脂の分泌を促進することにより汗や臭いの原因になっていると考えられます。

脇汗が多くて体臭をすごく気にしている人は、そのこと自体がさらなるストレスを招き、また脇汗を多くかくという悪循環に陥ってしまいます。

脇汗は脇の下のアポクリン腺から分泌されています、しかし汗そのものは臭いがなく脇汗の臭いはアポクリン腺の分泌物や汗に菌が繁殖して臭いを発しています。




精神面は自律神経の乱れによって引き起こされると言われています。

自律神経は発汗を制御する役割がありますので、その自律神経が乱れることによって体温調節機能が正常でなくなり、それによってホルモンのバランスが崩れて大量のわき汗をかくことにつながります

ワキ汗を多くかくことはストレスに弱くなっているとも言えます。

人間の神経は身体を活性化させる交感神経と身体を安らぎに持って行く副交感神経、この2つでバランスを取っています。ストレスが多くなってきたり、もともとストレスに弱い性格であると身体に負荷がかかりすぎて交感神経が活性化しすぎます。これによってワキ汗をかきやすくなります。

暑くも無いのに脇汗が多く出るのは多感にストレスを感じている証拠ですのでどこかでストレス解消をさせましょう。


| ストレスとわき汗 | 10:54 | comments(0) | - |
/ 1 / 1 /