SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

脇汗のお悩み解消!

現在は誰でも汗で悩む時代です。
脇汗の仕組み、脇汗の原因を理解して、
自分にあった脇汗対策をして、汗で悩まない日々を送りましょう。
お酒と汗
アルコールにはもともと皮膚血管を拡張して汗を出しやすくする性質があります。
二日酔いのときに汗が出やすくなるのは、二日酔いの原因となっているアセトアルデヒドが体温調節中枢に直接働き、発汗中枢を刺激するからです
アルコールに強い人、弱い人の差は、アルコール→アセトアルデヒド→酢酸に至って体外に排泄される解毒過程の代謝が速い、遅いの違いです。
アルコールに弱い人の場合は同量飲んだ場合でも体内に残るアルコールやアセトアルデヒドの作用が通常の人より強く、その結果発汗量も多くなることがあります。
発汗を調節する中枢は間脳にあります。お酒はこの中枢の興奮を制止する働きがあるため、飲酒中の発汗は少なくなります。
お酒を飲んだ翌日に、ふつうよりも余計に汗をかくのは、アセトアルデヒドが発汗の中枢を刺激するためと考えられています。
過度なアルコール摂取すると、アルコールは汗腺の働きを活性化し、アポクリン汗やエクリン汗の分泌を促進する作用がありますので、ワキガの人の場合は、よりニオイが強くなってしまうのです。アルコールは高カロリーですので、体に熱を作り、同時に体温が上昇しますから汗が出やすくなります。
毎日のように過度にお酒を飲む人で、大量に汗をかく人は、脳神経回路が破壊されて、自律神経系が狂ってしまっている可能性があります。
脳は普通、脳関門というフィルターで毒物が入ってこないようになっているのですが、アルコールは、例外的に脳関門を通り、直接的に脳に作用します。
毎日飲酒していると脳がアルコール漬けになるので、自律神経調節が狂い、「多汗」となっている可能性があるのです。
またアルコールを飲み過ぎている人は自律神経の異常にもなりますので、汗をさらに多くかいてしまう事もあるのです

 
| お酒と汗 | 12:18 | comments(0) | - |
/ 1 / 1 /