SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

脇汗のお悩み解消!

現在は誰でも汗で悩む時代です。
脇汗の仕組み、脇汗の原因を理解して、
自分にあった脇汗対策をして、汗で悩まない日々を送りましょう。
汗のにおいを抑える体質改善食事法
汗の臭いが気になる人は、食事の摂り方を変えることにより、効果的な汗対策ができます。
食生活を改善することによって汗の臭いを抑える効果が期待できます。

臭いを抑制する効果のある食材には、それ相応の成分が含まれていますので、これらに着目します。
食材を選ぶポイントとして、腸内環境を整えてくれるか、また抗酸化力のある食材かどうかです。

腸内環境を整えてくれる食材に豊富に含まれている成分

・食物繊維
・オリゴ糖
・乳酸菌

抗酸化力のある食材に豊富に含まれている成分

・ビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール
・イソフラボン
・カテキン
・セサミン


tumblr_mrsyvyTpbK1sp8mc2o1_1280.jpg

和食メインの食生活にすると、これらの成分を含んだ食材を満遍なく摂ることができるので、効率が良いとされています。

特にイソフラボンは女性ホルモンの働きを活発にすることで知られていますが、汗腺からの発汗作用を抑制するという効果を持ちます。食事による多汗症対策として効果的に取り入れてみるのもいいのではと思います。



ロイヤルビューティーシリーズ
業務用 大豆イソフラボン 300mg x270粒




| 食事で多汗症対策 | 18:42 | comments(0) | - |
脇汗を改善する食事
脇汗を気にする方がやってしまいがちなのは、脇汗の臭いや量を気にするあまり、汗を出さないようにしようとしてしまうことです。水分を飲まずに、クーラーの効いた涼しい部屋に閉じ籠っていては、一つも解決したことになりません。
汗を出さずにいると、その次に汗をかく場合に出る汗がさらに濃厚になってしまうので、もっと強い臭いを発生させてしまうのです。
 
それよりも脇汗を抑制する効果がある食べ物を選んで食べることをおすすめします。
動物性タンパク質や脂肪中心の食事は極力控えて、海草や魚を食べると良いと考えられています。
そして、ビタミンが大量に含まれている野菜も有効です。
中でもビタミンAとEが汗の臭いを抑えてくれるので、緑黄色野菜やゴマ・胚芽などを率先して摂るようにしましょう。
汗の出方を調節する食品成分として、大豆に含まれるイソフラボンがあげられます。女性ホルモンと同じような作用があり、特に更年期の多汗症に適しています。豆腐や納豆、豆乳など毎日摂取すると良いでしょう。



またアポクリン汗腺の働きを抑さえるために、規則正しい生活に切り替えて、十分な睡眠を取ることで身体を休めるように心がけましょう。
汗というのは健康状態のバロメーターとも考えられています。
 
実際にその通りで、汗の質がよくないということは、健康に問題があると言うことを表しています。
脇汗の臭いやべたつきを自覚したら、はじめに自分の食生活や生活習慣を見直してみましょう。
適度な運動で、汗をかくのも良い汗を出すためには必要です。

 
| 食事で多汗症対策 | 00:09 | comments(0) | - |
多汗症と食事
食事と汗とは密接に関係しています。
食事をすると食後に代謝熱が出て体温が上昇します。
代謝熱が出やすいのはタンパク質です。タンパク質は炭水化物の約5倍も多く熱を算出します。ですから、汗をかきたくなければ肉料理ではなく、そばやうどんなどの麺類を食べるとよいでしょう。

ワキガ型多汗の場合は、特に肉類を控えめにした方がいいでしょう。
動物性タンパク質や脂肪中心の食事を続けていると、アポクリン腺のひとつひとつの分泌活動が刺激され、より強い臭いが発生してしまいます。

また、唐辛子などの辛いものは味覚性の発汗によって汗が出ます。
非常に暑い東南アジアの人が辛い食べ物を好むのは、発汗によってその後涼しく感じる効果や食欲が増進するからです。そのため、冷え性の人が食べ過ぎると、かえって体を冷やします。

汗の出方を調節する食品成分として、大豆に含まれるイソフラボンがあげられます。女性ホルモンと同じ作用があり、特に更年期の多汗症に適しています。豆腐や納豆などを毎日摂取するとよいでしょう。


| 食事で多汗症対策 | 09:53 | comments(0) | - |
イソフラボンと汗
女性ホルモンには発汗抑制の効果があることから、多汗症で悩んでいるのは圧倒的に男性のほうが多いようです。女性の場合は女性ホルモンの影響で、汗をかいたとしてもサラサラで、べたつかない汗が多いようです。
女性ホルモンが多汗症の改善に有効だとすれば、女性ホルモンを増やせば多汗症も解消されるはず。
「イソフラボン」は女性ホルモンの働きを活発にすることで知られていますが、汗腺からの発汗作用を抑制するという効果を持ちます。加えて、不眠症や判断力(思考)の低下を改善するといった働きも合わせ持っている非常に有効的な成分です。
食事による多汗症対策として効果的に取り入れてみるのもいいのではと思います。
イソフラボン が多く含まれる食材として大豆や葛の根などが挙げられます。大豆や納豆、豆腐などに多く含まれています。



 
また、豆類を食事に取り入れるのが難しいという方には豆乳 があります。
コンビニなどにも飲みきりタイプの豆乳 が置いてあるので、比較的簡単に飲むことができます。
すぐに効果は現れないかもしれませんが、食事を変えると体質も変わります。
 
食事による多汗症対策の効果に即効性があるとは言えませんが、実際、汗の発汗量が減ったという事例も聞きますし、それなりの効果は実感できるのではないでしょうか。



ロイヤルビューティーシリーズ
業務用 大豆イソフラボン 300mg x270粒






マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

 
| 食事で多汗症対策 | 10:43 | comments(0) | - |
食事で多汗症対策
【食事で多汗症対策】

刺激の強い食事、香辛料が強い食事、辛い食事、熱い食事などは汗をかきやすく、これらを常に摂取していると、多汗症になる可能性が高くなりかねません。

香辛料や刺激の強い食事には汗腺を刺激する作用があります。また刺激の強い食事には、肉類や脂っこい食事がつきもの。これらも多汗症及び臭いに関係してきます。
肉類や脂っこい食べもの、糖分には、身体を酸性にする作用があります。身体が酸性になると、汗や身体の臭いが強くなることがあります。

まず多汗症対策として簡単にできることとして、刺激の強いもの、辛いもの、脂っこい食べ物をなるべく摂り過ぎないようにすることです。

逆に発刊を抑制する食べ物としては豆類が効果的だと言われています。

女性ホルモンには発汗を抑制する作用、つまり汗をかいてもサラサラにしてくれる作用があります。主に大豆や納豆や豆腐などの豆類に含まれているイソフラボンという成分には、女性ホルモンによく似た成分が含まれているとされています。なので豆類を積極的に摂取するようにすれば、食事面からの多汗症対策になります。


食事もただ抑制するばかりではなく、ビタミンAやEが多く含まれている食べ物を摂取することで臭いを抑制する効果がありますから、これをを積極的に摂るように心がけましょう。

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうという先入観がありますが、そんなふうに思い込むのも発汗を促すことになります。そして、それはストレスや緊張につながりやすくなります。そのような発汗の状態を精神性発汗と呼んでいます。

食事をとるときは、あまり汗のことを気にかけず、楽しく食事することが、結果的には必要以上に汗をかかない体質に導きます。


| 食事で多汗症対策 | 21:13 | comments(0) | - |
/ 1 / 1 /